新鮮安心市場

カゴ内を確認 精算する
ご利用案内
全商品一覧
シーンに応じたお茶の淹れ方とバリエーション
お茶商品
農作物(年間商品)
農作物(季節商品)

シーンに応じたお茶の淹れ方とバリエーション

仕事の合間に

上級煎茶をやや高めの湯で淹れた茶には覚醒効果のあるカフェインが含まれ、頭脳の働きも活発になります。

『やよい<深蒸し煎茶>』『掛川茶桜ティーバック』がお勧めです。

力仕事やスポーツの前後に

始める前に
カフェインには筋肉刺激効果もあるため、上級煎茶をやや高めの湯で淹れたものが適しています。始める20~30分前に飲用し、活動を継続するのであれば、20~30分おきに1杯飲用すると効果も持続します。

『やよい<深蒸し煎茶>』『掛川茶桜ティーバック』がお勧めです。

スポーツの後は

発汗により水分不足の状態になっているため焙じ茶など軽いお茶を飲むとよいです。

『いりたて焙じ』がお勧めです。

油脂分の多い食事のあとに

口中をさっぱりさせる焙じ茶が合います。

『いりたて焙じ』がお勧めです。

通常の食後に

一般に中級煎茶ほうじ茶などはどの食事にも合い、たっぷり飲むことが出来ます。

『みどり<深蒸し煎茶>』『掛川茶桜ティーバッグ』『いりたて焙じ』がお勧めです。

抗食中毒や抗虫歯予防には、カテキン含有量の多い上、中級煎茶をやや高めの湯温で淹れるとよいです。

『やよい<深蒸し煎茶>』『みどり<深蒸し煎茶>』がお勧めです。

上級煎茶のような濃厚なお茶を飲

空腹のときに

むと、胃の粘膜を刺激する可能性があるので特に胃の弱い人は、焙じ茶、玄米茶などが適当です。

眠気や二日酔いを覚ましたいときに

カフェイン含量の多い上級煎茶が良いです。高温で淹れるとカフェインの侵出が多くなり、苦渋味はやや強くなるものの、より効果が期待できます。

『やよい<深蒸し煎茶>』『掛川茶桜ティーバッグ』がお勧めです。

就寝前に

カフェインを多く含有する上級煎茶は人により就眠の妨げになることがあります。茶量を半分程度に軽減させて淹れるか、玄米茶にするのも良い。

『顆粒玄米茶』がお勧めです。

© 2008 JA Kakegawashi. 当サイト内にある画像・文章の無断転載は禁止しております。
JA掛川市スマートフォン対応サイト